Tax Deductible Donations for Our Fiscally Sponsored Films

保護犬インディーの自分探しを描くハートフル💖長編映画『ボクがにんげんだったとき』

ハリウッド直通・ドル建てクラウドファンディング始動

Setting up the scene © 2021 AKT Pictures

日本でハリウッドを体感する。

 

日本で生まれ育ち、本拠地をハリウッドにしている神津明美監督と製作チームが、人気ショート作品を原作にしたハートフル映画『ボクがにんげんだったとき』の製作支援金募集をスタートしました。

ハリウッドで作品を製作しているチームにあなたの支援が直送で届くように、ロサンゼルスの独立製作映画応援団体で非営利法人From The Heart Productionsの後ろ盾を得て、ドル建てで支援金を受付ます。

ドルから円への変換には下のボタンをクリックして計算機へ。

ハリウッド映画は好きだけど、別世界のこと・・・、と考えている方が多いはず。インターネットが発達したいま、日本からハリウッド映画をじかに感じることも夢ではなくなりました!長編映画『ボクがにんげんだったとき』の製作支援をしていただいたあなたには、支援金額に応じて日本から参加・体感できる、映画『ボクがにんげんだったとき』の独占ハリウッド体験をプレゼント。

本来なら出会うチャンスのない製作スタッフとZoomを使用しての、現地直送交流や、一般には公開しない『ボクがにんげんだったとき』秘密の舞台裏訪問、スタッフとのバーチャルCofeeブレーク、東京でのレッドカーペット・プレミア、そしてアフターパーティーへのご招待など、お楽しみアイテムをたくさんご用意してます。

🎬 監督からのごあいさつ 🎬

長編映画『ボクがにんげんだったとき(原題 When I Was A Human: The Movie)』の製作支援サイトにお越しいただき、誠にありがとうございます。本作の製作総指揮ならびに、監督を務める神津明美と申します。どうぞよろしくお願いいたします!

私が映画を作りたいと思うようになったのは12歳の時でした。当時、町医者では病名すら知られていなかったメニエール病になってしまい、病院をたらい回しにされていた時期が数ヶ月ありました。点滴と精密検査の毎日で夢も希望も失っていたときに、生きるエネルギーを与えてくれたのが、映画『スターウォーズ』です。

「あの映画を作った国に行きたい。そして皆んなが元気になるような映画を作るんだ!」その気持ちを糧にして20年以上、アメリカで大小さまざまなTV・映画作品200本以上の制作現場にたずさわってきました。

去年2020年は、世界中が新型コロナ禍に苦しみ、現在にいたるまで人々の苦難が続いています。「みんなが元気になるような映画を作る。」12歳から持ち続けている私の気持ちは、いま一層強まっています。

映画『ボクがにんげんだったとき』の脚本はすでに完成しており、スタッフたちも撮影開始を心待ちにしています。たとえ小額であろうと、皆様の支援がコロナ禍で大打撃を受けた日米映画業界に仕事を産み出し、世界中に元気を届ける映画の原動力となります。

皆様のご支援をお待ちしております!

長編映画『ボクがにんげんだったとき』あらすじ

原作はアカデミー賞公認配給会社ショート・インターナショナル社から世界配給中の同名ショート作品

雑種犬のインディは、保健所から救い出してれた少女キミーが大好き!でもそんなインディのパーフェクトな生活に邪魔が入る。キミーの新しい彼氏ジャレッドだ。インディは、ジャレッドの「ウサン臭さ」を嗅ぎあてて、うなってみるけどキミーに怒られるだけ。自分がただのイヌだから飽きられてしまったのだと落ち込むインディー。「ボクが、”にんげん”だったら良かったのに。」わんこ友達のスパイクに愚痴ったところではじまらない。

でもそんな夜、インディの枕元に女神さまが現れて、何でも叶う魔法のビスケットを授けてくれる。朝、目を覚ますとインディーがにんげんに!!

最初は物珍しくて、にんげんの特典を楽しんでいるものの、ビスケットを全部いちどに食べなかったから、イヌ耳やらイヌ鼻がたまに飛び出してくる。スパイクやキミーの弟ケビンのヘルプでなんとかなって、キミーの友達にもなれた。でもキミーは、「愛犬インディー」が行方不明になって意気消沈している。おまけにジャレッドの正体を暴いたはいいけど、キミーが倒れて病院に!大切なものがかえって壊れていくのを見て、途方にくれるインディーが見つけたものとは!?

このプロジェクトについて

世界で公表配給中のショート作品が原作になっている。

本プロジェクトの原作となる同名ショート作品は、35ミリフィルムで撮影された劇場用ショート映画。米国アカデミー協会(アカデミー賞を司っている団体)公認配給会社ショート・インターナショナルより世界配給されています。

ショート・インターナショナルは、配給作品に対する選考が厳しく、ハードルが高いことで知られています。長編の見本とも言えるショート作品が、由緒ある配給会社からのお墨付きをもらっていると言うことは、本プロジェクト成功への後ろ盾とも言えるでしょう。

原作となるショート作品のオリジナル・ポスター

BowWow Film Fest Flier

映画『ボクがにんげんだったとき』は保護犬たちの味方。

原作のショート作品は収益金のすべてが保護犬団体に寄付される米国映画祭、Bow Wow Film Festivalにおいて、2019年度の招待作品にえらばれました。ショート作品は、映画祭ツアーで30都市をまわり、Bow Wow Festivalをつうじて日本円にしておおよそ100万円におよぶ寄付に貢献することができました。
長編版『ボクがにんげんだったとき』でも、主人公の保護犬インディーと相棒のスパイクをつうじて、世界中における保護犬への理解を深め、保護犬愛護に貢献します。

リターンを選ぶ

〜 $100
完成作品が無料で!
  • 全国共通鑑賞券
  • 『ボクがにんげんだったとき』現場直送ニュースレター
$100 〜

プライベート生Zoom!ハリウッドの現場とつながる!

  • 神津監督(アメリカ)& 森田プロデューサー(日本)とZoom プライベートお茶会(10月予定)
  • 全国共通鑑賞券
  • 『ボクがにんげんだったとき』現場直送ニュースレター

$500 〜

関係者以外立ち入り禁止のバーチャル現場ツアー(ライブ)セット

  • マル秘!Zoom ハリウッド製作現場ツアー
  • 神津監督(アメリカ)と森田プロデューサー(日本)との Zoom プライベートお茶会(10月予定)
  • 全国共通鑑賞券
  • 『ボクがにんげんだったとき』現場直送ニュースレター

$1,000 〜

自分の名前が劇場の大画面に!セット

  • エンドロール(Special Thanks) へのお名前掲載
  • マル秘!Zoom製作現場ツアー
  • 神津監督(アメリカ)と森田プロデューサー(日本)とZoomプライベートお茶会(10月予定)
  • 全国共通鑑賞券
  • 『ボクがにんげんだったとき』現場直送ニュースレター

$5,000 〜

招待客のみの日本プレミアご招待セット

  • ジャパン・プレミア試写ご招待(東京)
  • エンドロール(Special Thanks) へのお名前掲載
  • マル秘!Zoom製作現場ツアー
  • 神津監督(アメリカ)と森田プロデューサー(日本)とZoomプライベートお茶会(10月予定)
  • 全国共通鑑賞券
  • 『ボクがにんげんだったとき』現場直送ニュースレター

$10,000 〜

セレブも一緒のレッド・カーペットご招待セット

  • VIPレッドカーペット・イベントご招待(東京)
  • ジャパン・プレミア試写ご招待(東京)
  • エンドロール(Special Thanks) へのお名前掲載
  • マル秘!Zoom製作現場ツアー
  • 神津監督(アメリカ)と森田プロデューサー(日本)とZoomプライベートお茶会(10月予定)
  • 全国共通鑑賞券
  • 『ボクがにんげんだったとき』現場直送ニュースレター

$50,000 〜

アソシエイト・プロデューサーご就任セット

  • アソシエイト・プロデューサー (Associate Producer) の称号にて、エンドロール並びに世界規模の映画データベースIMDbへお名前掲載
  • VIPレッドカーペット・イベントご招待(東京)
  • ジャパン・プレミア試写ご招待(東京)
  • マル秘!Zoom製作現場ツアー
  • 神津監督(アメリカ)と森田プロデューサー(日本)とZoomプライベートお茶会(10月予定)
  • 全国共通鑑賞券
  • 『ボクがにんげんだったとき』現場直送ニュースレター

$100,000 〜

テンコ盛りセット 

  • キャストとスタッフVIP会食会(東京)
  • アソシエイト・プロデューサー (Associate Producer) の称号にて、エンドロール並びに世界規模の映画データベースIMDbへお名前掲載
  • VIPレッドカーペット・イベントご招待(東京)
  • ジャパン・プレミア試写ご招待(東京)
  • マル秘!Zoom製作現場ツアー
  • 神津監督(アメリカ)と森田プロデューサー(日本)とZoomプライベートお茶会(10月予定)
  • 全国共通鑑賞券
  • 『ボクがにんげんだったとき』現場直送ニュースレター

$500,000 〜

豪華全部盛りセット

  • ハリウッドでのワールド・プレミアご招待(3泊4日・航空券・宿泊費込み)
  • スタッフ&キャストとハリウッドで会食会(ハリウッド)
  • 共同プロデューサー (Co-Producer) の称号にて、エンドロール並びに世界規模の映画データベースIMDbへのお名前掲載
  • VIPレッドカーペット・イベントご招待(ハリウッド)
  • ジャパン・プレミア試写ご招待(ハリウッド)
  • マル秘!Zoom製作現場ツアー
  • 神津監督(アメリカ)と森田プロデューサー(日本)とZoomプライベートお茶会(10月予定)
  • 全国共通鑑賞券
  • 『ボクがにんげんだったとき』現場直送ニュースレター

製作チーム

神津明美 /Akemi Kozu Tosto
東京出身ロサンゼルス在住/UCLA映画学科専科卒業
AKTピクチャーズLLC CEO

高校留学でロサンゼルスへ。大学卒業後、日米欧のTV、映画、CMプロダクションに携わり、スピルバーグ、タランティーノといったハリウッド大物監督作品製作にも参加。現場で培ったノウハウをもとに製作した短編の1本、『ボクが人間だったとき (When I Was A Human)』がアカデミー賞公認配給会社Shorts Internationalに見初められ全世界配給契約締結。世界規模にてTV放映後、アマゾン・プライム、iTunesなどの大手を網羅し全世界配で作品配信中。2019年秋、ショート作品『ウィッシュ・アウェイ(原題)/Wish Away』が全米TV放映された。

ジョン・ハーマン/ John Hermann
プロデューサー (米国)

アメリカ人のあいだでも入るのが難しいとされている由緒正しき米国監督組合(DGA)のメンバーで、敏腕だが穏やかな物腰をくずさないプロの精神が高く評価されており、業界では引っ張りだこのジョン。近年ではアカデミー賞の司会で有名なコメディー男優ビリー・クリスタルの新作でプロデューサーをつとめ、トライベッカ映画祭に招聘された。HBO人気ドキュメンタリー・シリーズでも常連プロデューサーとして名を連ねている。

ジョージ・アグラス / Jorge Agraz
共同プロデューサー

メキシコシティーで生まれ、父の仕事関係で中学校時代をヨーロッパで過ごす。米国屈指の名門校イエール大学卒業で、在学中は映画学と歴史を専攻。その後、ロサンゼルスに移住。アーノルド・シュワッツネッガーやケビン・コスナーをはじめとするハリウッド大スターの映画で製作にたずさわり、キャリアを積む。そのころ、友人の紹介で製作に加わったショート作品『ボクがにんげんだったとき』で神津明美と出会い、無二の親友に。製作知識のほかに、コンピューター・エンジニアリングにも非常に長けており、チームに欠かせぬ存在。

森田真帆 / Maho Morita
プロデューサー(日本)

映画監督の大島渚の姪っ子であったことから、幼い時からエンタメ業界には馴染みが深く、知り合いのつてでアメリカでも製作アシスタントの経験をする機会に恵まれた。日本帰国後は、映画ライターとして活躍。ここ数年においては、ライター業のかたわらTV番組に出演したり、第二の故郷となった九州別府の老舗映画館「別府ブルーバード劇場」を中心にした映画祭の総合プロデューサーも担当するなど活躍は多岐にわたる。

製作スケジュール

① 現在〜
  • 支援金・投資募集キャンペーン
②  2022年1月〜
  • 主要タレント仮契約
  • チーフスタッフ雇用開始
  • 支援金・投資募集続行
③ 2022年4月〜
  • プリプロダクション(製作準備)スタート
  • 支援金・投資募集続行
④  2022年7月〜
  • 撮影開始
  • マーケティング始動
  • 国内外配給元獲得活動
  • 支援金・投資募集続行
⑤ 2022年10月〜
  • 編集作業
  • 音声
  • サントラ
  • 配給
⑥ 2023年1月 

★  ワールドプレミア

製作予算

製作予算額は85万ドル。9,400万円相当です。とてつもない額に思えますが、アメリカ映画製作費の相場でいうと「低予算」の部類に入ります。(米国映画俳優協会定義)かかる費用の殆どが、キャスト(俳優)と製作オフィスや現場で働くスタッフの人件費にかかります。本作における予算内訳は以下のようになります。

 

『ボクがにんげんだったとき』にかかる費用内訳パーセンテージ

  • 撮影諸費用・・・ 42%
    (スタッフ、役者、機材、現場、スタッフ食事、動物、他)
  • 主要タレント・・・ 16%
  • キャスティング・ディレクター・・・ 1%
  • 脚本・・・ 1%
  • 監督・プロデューサー・・・ 3%
  • ポストプロダクション(編集)・・・ 9%
  • マーケティング・・・9%
  • クラウドファンディング & 弁護士 & 税理関係・・・ 8%
  • 保険・・・ 1%
  • 諸経費(対コロナ経費)・・・ 2%
  • コンティンジェンシー・・・ 8%

Q & A

ご質問にお答えします!

1. なぜ、アメリカで撮影するのですか。かえって費用がかかりませんか?

ほとんどのスタッフ、キャストがアメリカ西海岸に在住しており、原作となったショート作品もロサンゼルスで撮影されていることから、アメリカでの撮影が最適といえます。また機材やスタッフの豊富さは他国から抜きん出ており、我々スタッフが培った地元での経験とコネクションを使って、業者や俳優たちから「お友だち価格」がもらえ、映画のコスト削減にも役立つという理由もあります。予算面をはじめ、作品完成後の市場戦略においても、アメリカでの撮影は最適といえます。

 

2. もし85万ドル集まらなかったらどうするのですか? 

2021年度の終わりまでに85万ドルが集まらなかった場合は、それまでに集まった額に応じて予算を設定しなおします。製作費内訳パーセンテージを示した円グラフの割合は大部分が移行されますが、雇える俳優のレベル、機材の種類やレベル、撮影日数などが変わってきます。予算額に近ければ近いほど(あるいはそれ以上)、雇える俳優や機材もレベルアップし、撮影日数にも余裕が持て、作品価値の上昇にもつながります。

 

他にもご質問がございましたら、直接メールにてご連絡ください。24時間以内にお返事いたします。

Email: